TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

 
(0 item) - 0円

カートの中には何もありません。

太平洋戦争空戦TRPG『ファントムズ・スカイ』

太平洋戦争空戦TRPG『ファントムズ・スカイ』

この商品の最初のレビューを書く

サークル「シアワセ修練場」が送るオリジナル同人TRPG「ファントムズ・スカイ」は、ゼロ戦のような戦闘機のパイロットとなって戦う空戦TRPGです。


空戦というと、ウォーシミュレーションのようにマップを広げ、自機を動かしながら戦う──というイメージを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、アニメや映画での空戦を見たことがあれば分かる通り、敵味方が目まぐるしく位置を変え、有利な位置取りを得た側が攻撃するのが空戦です。


そうしたリアルさを再現するため、本作ではマップを一切使いません。そして、このゲームでは先手を取った側しか攻撃できないルールとなっています。


このため、何より重要なのが「索敵」と「速度」です。索敵は「ファーストルック・ファーストキル」──つまり、先に見つけた側が勝つと言われるほど、空闘では重要な要素。そして、「速度」の早い側がイニシアティブを取るのは戦闘機も変わりません。「索敵」で敵を見つけて攻撃! もしくは「速度」を高めて有利な位置取りで攻撃! がこのゲームの基本となるのです。


もちろん、戦闘機の駆け引きは、上記のようにシンプルには終わりません。マップがなくとも「高度」はあり、「高度」が高いほど有利になりますし、戦闘機の「機動」が高ければ命中も回避もより鋭くなります。


これらの「速度」「高度」「機動」は、戦闘機ごとに決まっている「エンジン出力」をターンごとに割り振って高めるので、プレイヤーは毎ターン状況に合わせて頭を悩ませることになります。単純に速度を上げるのが最適解のように見えるかもしれませんが、高度を高めておけばいざという時に下降を使って加速することで戦闘機の上限以上に速度を高めることも可能とあって、駆け引きを要求されます。


こうしたスリリングな空戦をはじめとするシナリオを遊びやすいように、舞台は第二次世界大戦ごろに似た架空世界が設定されています。簡単に言えば、戦前の日本。といっても、歴史や当時の戦争に詳しい必要はなく、ダイスやプレイヤーのアイデアでシナリオが生まれるシナリオクラフトルールを採用しており、なんとなくのイメージだけで遊べるようになっています。


ですので、オカルトやSF的な超科学といったわれわれの歴史にはなかった要素を取り入れることも可能です。実際、リプレイではPCの一人はなんと「吸血鬼」! また、PCのランダム設定表に「アンドロイド」があるなど、空戦をメインに遊びつつ、参加者が好きな要素をかなり自由に取り込めるようになっています。


セッションにさらなるリアルさや、サンプルデータにない好きな機体を取り込もうとすると、少々複雑な計算式と格闘することになりますが、そうした計算をサポートするツールも制作サークル側で公開中。文庫本サイズ264ページに個性と意欲を詰め込んだ本作、「空戦」という単語にビビッと来た方はぜひ手に取ってみてください!



在庫状況: 在庫あり

2,800円
または

Use spaces to separate tags. Use single quotes (') for phrases.


あなたのレビューを投稿する

会員になるとレビューを投稿できます。 ログイン または ご登録ください。