TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

 
(0 item) - 0円

カートの中には何もありません。

【C92新刊】インセインシナリオ集『敷音市異界探訪』

【C92新刊】インセインシナリオ集『敷音市異界探訪』

この商品の最初のレビューを書く

[コミックマーケット92新刊]


サークル「首塚プロダクション」が送る、インセインのシナリオ集です(B5判60ページ)。


現代日本にある架空の地方都市・敷音市を舞台とするシナリオ集の第二弾。前作『敷音市探検帳』でも、100人以上のNPCの設定や地域ごとのシナリオソースなど、同人とは思えない大ボリュームのシティガイド&シナリオ集に仕上げていました。


本書も、セッションを盛り上げ、GMをサポートするルールパートと、シナリオパートの2部構成。ルールパートでは、敷音市を舞台としたシナリオで使いやすい専用シーン表をはじめ、汎用的に利用できる選択ルールや追加アビリティ、追加狂気カードなどのデータが満載です。


そして、シナリオは下記の3本


「はザmあ行始発電車*」(協力型・PC4人)は、敷音市が合併して誕生する前のシナリオ。隣町に遊びに行った帰り、小学生のPCたちはローカル線に揺られている最中、車内の異変に気付かされることになります。現代の敷音市ともリンクする、閉鎖空間での恐怖譚。


「未定」(協力型・PC4人)は、ありふれた日常を過ごすシナリオ。だが、何かがおかしい。その違和感を助長するように、この町には『ラクガキ』と呼ばれる都市伝説がありました。子供の落書きみたいな黒い人影が徘徊しているというのです。違和感の理由は、果たして……。


「たのしいなつやすみ」(協力型・2~3人)は、敷音市子供会の恒例行事「なつやすみこどもお泊まり会」を舞台にした恐怖譚。いつもの民宿が建て替え工事をしていたため、今回の会場は敷音大学。ただ、大学には不穏な噂もあって……。


いずれも敷音市一帯に根付く異界が、PCを待ち受けています。そんな本作ですが、もちろん、コミックマーケット92に参加するならブースでのお買い上げがお得です。ご興味が湧いた方は「8月11日東ム46a」へ!


ゆるいトーンで本作の魅力を紹介する動画も公開中です!


在庫状況: 在庫あり

1,500円
または

Use spaces to separate tags. Use single quotes (') for phrases.


あなたのレビューを投稿する

会員になるとレビューを投稿できます。 ログイン または ご登録ください。