TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

TRPG関連書籍の通信販売サイトへようこそっ!

 
(0 item) - 0円

カートの中には何もありません。

夜話 -Night Stories-(第三刷)

夜話 -Night Stories-(第三刷)

この商品の最初のレビューを書く

サークル「浅川河畔スタジオ」によるオリジナルTRPG「夜話 -NightStories-」は、いわゆるナラティブといわれるTRPG──GMだけでなくプレイヤーも物語を紡ぎ、共有した物語を創り上げることに重点を置いたTRPGです。


その舞台となるのは、現代日本のどこかにある街「つくよの市」。プレイヤーの分身であるPCは、この街で起きる様々な事件を解決することになります。


作成できるPCは実に多様です。恋するラブコメのヒロイン、変身もののヒーロー、金と欲におぼれるギャンブラー、陰謀を追うスパイなどなど、普通なら全く別作品(しかも別ジャンル!)の主人公たちが一同に会しても問題ありません。彼らPCは、魔法や忍術はもちろん、ラブコメヒロインなら微笑みが、変身ヒーローならば超技術の産物であるスーツが、ギャンブラーならば幸運の女神の囁きが……と、そのキャラクターならではの特長を駆使して、事件に立ち向かうことになります。


ただ、そんなキャラクターも作成時点では、ピースの欠けたパズルのように未完成です。制作時のPCは、非常に断片的な設定しか与えられません。、昼ドラのように虐待の坩堝のような呪われた家に住んでいたり、恋愛ドラマのように告白してくる人物に付きまとわれていたり、スポ根物のようにライバルがいたり、現代異能物のように不思議な力を秘めた邪眼を持っていたり。


そんな断片的な設定の隙間を、セッション中に「設定」を追加する形で埋めていきます。この設定が、解決すべき事件に近ければ、判定がより有利に。解決を優先させるなら事件に近しい設定を付け加えればいいですし、もともとイメージしていたキャラクター像を深めるように設定を付け加えてもいいでしょう。


「個々に設定を付けたら矛盾するのでは」と懸念する方もいるでしょうが、セッションが終わるまでは各PCの設定は主観的なものに過ぎません。だから、「実は誤解だった」「実は断片的な情報だった」として、他の設定に上書きされることもありえます。これなら、セッション中に矛盾しても問題ないわけです。


こうしてセッションでは、次々に設定を付け加えながら、いくつもの事件を解決していくことになります。遊び終えた時、参加者は自分たちで創った物語と、PCがどんなキャラクターだったのかという発見があることでしょう。他のTRPGとは違った感覚を味わえる夜話、ぜひ楽しんでみてください!


本作を手掛けたサークル「浅川河畔スタジオ」様HPはこちら


本作を手掛けたサークル「浅川河畔スタジオ」様HPはこちら。シート類のダウンロードなどサポートページも!

在庫状況: 在庫切れ

2,000円

Use spaces to separate tags. Use single quotes (') for phrases.


あなたのレビューを投稿する

会員になるとレビューを投稿できます。 ログイン または ご登録ください。